ポーズやポージングにはそれぞれの種目や目的に沿った重要な意味があります。

それは格闘技のファイティングポーズやフィットネス、ヨガやピラティスなどのあらゆる分野で同じ事が言えます。もちろんムエタイのポーズにもちゃんとした意味が存在しています。

ポーズについてそれぞれご紹介させていただきますので参考にして頂ければ幸いです。

ファイティングポーズ

例えばボクシングポーズで皆様が想像する最もメジャーなファイティングポーズは素早くパンチが繰り出せる攻撃姿勢と上げた腕をそのままガードに使えるバランスの良いポーズがあります。

その他にもフリッカージャブという特殊なパンチを繰り出す為、右腕を鎌のように曲げて振り子のように振りながら構えるヒットマンスタイル。

マイクタイソンの代表的な構えでもあるボクシンググローブを顎の前に置き、防御をしながら前へと前進していくピーカブースタイルなどがあります。

ムエタイなどの足を使う格闘技では蹴り足があるためどっしりと足を地面につけることはあまりありません。

すぐに蹴れるように重心を片足に寄せたり重心の軽い方でリズムを取ったりする構えです。

ヨガのポーズ

ヨガのポーズには生き物や武器、自然などを模したポーズがたくさんあります。これは万物から学びや気づきを得る考えから来ている為です。

座禅のような安楽座のポーズや柔軟性に効果的な猫のポーズ、体を反らせる弓のポーズや三日月のポーズなどもあります。

ピラティスのポーズ

ピラティスのポーズはどちらかというとリハビリ用の用途が強い為、(もちろん運動不足解消の為にも利用されています)ヨガのような要素もありながらフィットネスやエクササイズのようなポーズも少なくありません。

アッパーバックリリースという首や肩というような体の後部に関する動きの意味を含ませた名前のポーズや、ブリッジという身体を橋のように反らせる物に例えたポーズ、スノーエンジェルというようなユニークで愛らしい名前のポーズ(ちなみに胸や肩回りに関するポーズです)など様々です。

ファイティングポーズやヨガ、ピラティス等はそれこそ掘り下げていけば星の数程のポーズが存在しています。

もし興味があれば調べて実践してあなたにぴったりのポーズを探してみてください。