ピラティスはドイツの軍看護師であるジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が1920年代に考案した事が始まりとされています。

元々ピラティスとは一般向けのエクササイズではなく負傷した兵士たちのリハビリ用に激しい運動が出来ない人でも筋力を強化できるように考えられたエクササイズなのです。

ピラティス氏自身も身体があまり強い方ではなかったため自分の体を鍛えるために様々なスポーツや武術、トレーニング、エクササイズの研究を続けてきたことがピラティス開発の礎となっています。

今ではフィットネスの一部として人気の高いピラティスですが、運動が苦手な人や難しい人向けに考えられた多くの人に活用して頂けるエクササイズなのです。

ピラティスの運動と効果

ピラティスはインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。

つまりウェイトトレーニングのように重りで強制的に負荷をかけて筋力を強化するのではなく身体の動きと呼吸を意識しながら体幹等を鍛えます。

同じく自身の体重や重力を使う自重トレーニング(腕立て伏せや腹筋)と同じで自然な負荷を使う為、怪我のリスクを下げる事にも効果的です。

筋肉のどの部分を動かしてどの部位と連携し、筋肉と骨の連動させながら行うエクササイズなのでインナーマッスルを使ってストレッチを同時に行うのような運動です。

当然、姿勢や本来の筋肉の動きを意識するので機能美を向上させる効果が期待でき、姿勢や骨盤矯正にも貢献してくれるので体の歪みや肩こり、ストレス解消やダイエット効果を望む多くの方に反響があります。

ピラティスの種類

ピラティスには大きく分けて2種類あります。

「マットピラティス」

一般的なピラティスのイメージはこちらかと思います。

ヨガのようにマットを使って行うピラティスで場所も多く取らないので気軽に実践できます。

「マシンピラティス」

元々リハビリ用のエクササイズなので入院中のベッドの上でも基本的にはマットがあれば行うことができます。

しかし高齢者や運動が得意ではない方が取り組む場合には怪我や無理な姿勢にならないように負荷を調節する為に専用の器具を使って行います。リフォーマーと呼ばれる代表的な器具は、バネや可動式のベッドに足をのせるためのバーがついています。

リフォーマーはピラティス氏が開発したマシンの中で最も汎用性が高く50種類以上のトレーニングが可能と言われている万能器具となります。